多汗症は病院での治療や手術で治せる病気です

背伸びする

全身線多汗症

背中

多汗症の症状が生じる部位で最も多いのは、わきや手のひら、足の裏です。
しかし、これらの部位以外にも、全身に生じる多汗症もあります。
例えば、お腹や背中、おしりなど全身に大量に汗をかいてしまう症状のことを、全身性多汗症といいます。

わきや手のひら、足の裏などの多汗症より、患者さんの数は少ないです。多汗症全体の約1割程度といわれています。
しかし、全身性多汗症の治療はとてもむずかしいのです。
原因もそれぞれで、「これ」という特定のものがありません。
全身性多汗症の原因は、ストレスや肥満、病気だとされています。
強いストレスや慢性的なストレスを感じている場合、自律神経に乱れが生じていることがあります。
自律神経が乱れていると、交感神経の活動が過剰になってしまっており、そのために汗の分泌が盛んになります。
また、汗をかくこと自体がストレスになってしまうことも少なくありませんので、悪循環をつくってしまうのです。
ストレス性の多汗症の場合には、ストレスをなくすことで改善が期待されます。そのため、多汗症の治療を進めると並行して、心療内科や精神科でのカウンセリングやセラピーが必要です。
治療をしているという事実が安心感を与えてくれ、多汗症の症状改善に役立つこともあります。

肥満が原因での多汗症は、体温調節機能の異常によって起こります。皮下脂肪や内臓脂肪が過剰に溜まっていると、身体の体温機能調節が健康的な人のようにはできなくなります。
太っている人が汗をたくさんかくのはこのためです。
こういった場合には、多汗症の治療とともにダイエットが必要です。
ダイエット外来で投薬による治療を受けたり、脂肪吸引やメソセラピーダイエットで体脂肪と体重を減らすのがいいでしょう。

ストレス性でもなく肥満性でもない全身性多汗症の場合、なんらかの病気に冒されているのではという懸念が持たれます。
例えば、リュウマチや糖尿病、甲状腺機能障害などの病気の症状として全身性多汗症が現れていることもあるのです。
この場合、放っておくと命に関わる事態にもなりかねませんから、早急に病院で精密検査を受け、しかるべき治療を受ける必要があります。